株式会社文泉堂

気象観測機器事業部

水位計・環境・防災モニタリングのことなら

松江市|i-SENSORアナログ4.1chデータ通信ユニット  アナログセンサーのデータをEメールで送信するシステム

取扱製品
i-SENSORアナログ4.1chデータ通信ユニット -商品画像-水位計・環境・防災モニタリング-島根県・鳥取県応用地質代理店-島根県松江市《気象観測機器・防災モニタリング機器専門店》文泉堂

  • i-SENSORアナログ4.1chデータ通信ユニットとは?
  • 特長

アナログ(電圧出力)センサのデータをEメールで送信するリアルタイムモニタリングシステム

電圧出力の各種センサが4台まで接続可能、さらに雨量計1台も接続可能な汎用データロガーです。

FOMA(NTTdocomo)通信方式を採用することにより、通信コストの低減と、信頼性の高いデータ通信が可能となりました。様々な電圧出力センサの測定データや警報をEメールで送信することにより、現地の状況を遠隔地でモニタリングすることができます。遠隔監視システムを強力に支援する必須アイテムです。

また、接点信号入出力機能により現地の警報装置を連動させることも可能です。低消費電力タイプであるため12Vバッテリで長期間のデータ送信ができます。

  • 電圧出力の各種センサが接続可能なポートを4チャンネル、雨量計感部が接続可能なポートを1チャンネル備えています。
  • E-mailによりデータを送信します。
  • 無線パケット通信(FOMA)により現地電話回線等の敷設が不要です。
  • 通信モジュールを内蔵、一体化構造のため、コンパクト・軽量で簡単に設置できます。
  • 低消費電力化を実現し、バッテリ駆動での長期測定が可能です。
  • 基準値オーバー、バッテリ切れ、外部接点入力などの場合に自己判断通報が可能です。
  • 基準値は上限値、下限値を設定可能、色々な場所での観測に有効です。
  • 接点入出力機能により、リミットスイッチなどの入力動作による測定・通信、および出力動作による警報装置起動が可能です。
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
Return Top