株式会社文泉堂

気象観測機器事業部

ジオテクニカル調査機器のことなら

松江市|3成分孔内受振器 ボアホールピック3315 のことなら

取扱製品
3成分孔内受振器 ボアホールピック3315 -商品画像-PS検層機器-検層機器-島根県・鳥取県応用地質代理店-島根県松江市《気象観測機器・防災モニタリング機器専門店》文泉堂

  • 3成分孔内受振器とは?
  • 特長

3成分孔内受振器 ボアホールピック3315

ポアホールピック(MODEL-3315)は、ボーリング孔内において、地盤のP波およびS波の速度を測定するPS検層に用いるための孔内受振器です。

本器は、3成分の受振器、孔壁圧着機構及び送水チューブ複合ケーブルより構成されており、受振器には、上下動1成分、直交して配置された水平動2成分の動コイル型受振器が内蔵されています。孔壁圧着機構は受振器部の外側のゴムチューブを加圧することにより膨張させ、孔壁に圧着させる方法を採用しています。また、送水チューブ複合ケーブルは受振器からの信号の伝達と、ゴムチューブを加圧、膨張させるための水の伝達に用いられています。

本器は、PS検層用としての特性を有し、小型、かつ操作も容易ですので、広い分野でご利用いただけます。

  • 小型、軽量化されていますので、比較的小さなボーリング孔経(Φ56m)でも使用できます。
  • ゴムチューブによる孔壁圧着機構の採用によって、任意の深度にボアホールピックを固定できます。
  • ゴムチューブの交換は、本体を解体することなく簡単に行なうことができます。
  • ゴムチューブを膨張させるための送水チューブは、ケーブルと一体化されており、作業の煩雑さがなく、本器の孔内への出し入れを容易にします。
  • ケーブルにはマーキングがついているため、測定深度の確認ができます。
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
Return Top